ゆっくりと千ヶ滝の森から

定年を迎え、軽井沢千ヶ滝に家を求めました。四季の移ろいの中で、自分の目で見て感じたことを、書き綴りたいと思います。

明月有光 人有情

21時を過ぎて、やっと木々の間に月が昇った。 中秋の名月。 「離人無語月無声、明月有光人有情(『明月夜留別』李治) 離れ離れになる人は言葉なく、月もまた声なく、明月には光があり、人には情がある。 山崎宏さんは日中戦争で軍馬の獣医として従軍した。…

レンゲショウマ

木陰でゆらゆらと揺れる、レンゲショウマ。 軽井沢の夏を彩る優美な花。 とは言え、数が少なく、どこでも見られるわけではない。 西側保養所の、森の斜面。大きな群落がある。 昨年はつぼみがつく頃に草刈りされてしまい、ご近所のHさんが抗議に出向かれた。…

七月が終わる

朝、雨が上がると、一斉にセミが鳴き始める。 「チーーーーー」という単調な鳴き声に、ついまどろみに引き込まれそうになる。 おや、デッキの手すりに羽化したセミが一匹。 鳴いているのは、このコエゾゼミかなぁ? サルたちは、今日も追われながら通り過ぎ…

久しぶりのK群

サルの群れは、エサのあるコースを進む。 小鳥のエサ台を置いてある家は、彼らの進路。 最近は、1ブロック東を通って行く。 今日、久しぶりに我が家の庭にK群があらわれた。 軽井沢のサルは、碓氷峠周辺のU群と、軽井沢群(K群)の2群。 「子ザルが増えて…

エゾハルゼミ

雨あがりのウッドデッキ。 小さなセミが、ひっくり返っていた。 「命を全うしたのかしら」と思い、羽をつまんでデッキの手すりにおいて、写真に撮らせてもらう。 しばらくして、手すりを見ると「あれ?いない」。 生きていたのね。 9時を過ぎて陽が当たって…

新緑の頃

夜半の雨が上がって、新緑が目に眩しい。 犬の散歩を終えて帰ると、すでに大気が乾き始めていた。 道路にひも状のもの。 ミズナラの花が、夜の間に一斉に落ちた。 開葉後まもなく落ちるらしい。 枝を落としたハルニレの幹から、葉が噴き出していた。

ノキシノブ

梅の古木にはりついて、ダランとして、いつもは疲れたおじさんを思わせるノキシノブ。 雨が降ったら嬉しそう。 空を眺めている。 でも、下から見るとほとんど異星人のよう。 くたびれたふりをして、私たちを見張っているに違いない。 丸い目のようなものは、…

ゴールデンウィーク終わって

連休が終わって、人の数がずいぶん減った。 中断していた建築・改築工事の音が、遠くから聞こえてくる。 連休中は、どこに行っていたのだろう? 発信機をつけられたサルたちが通り過ぎていく。 軽井沢には碓井峠方面のU群と、こちら側のK群、2つの群れがあ…

雨上がり

朝まで静かに降った雨が上がった。 苔の新芽がキラキラと輝いている。 でも、玄関前は枯れて赤茶けている。 柴犬リカが、家を飛び出し、そこでオシッコするのだ。 仕方ないなぁ。 痩せたチョウセンレンギョウの花が、ぼんやりと浮かんでいる。 淡い紫の、や…

タイヤの履き替え

初夏の陽気が続き、庭の花が咲きました。 一輪ひっそりと、ドッグランの脇にスミレ。 瘦せた古木に、小さな梅の花。 桜も一気に咲き始めました。 桜は例年だと、ゴールデンウィークの頃。 スタッドレスタイヤも、一昨日履き替えました。 遅い、と思うかもし…

Hope Lights Our Way(希望の道をつなごう)

前の東京オリンピックの時は、小学校1年生。田舎で自家用車も、もちろんないので、聖火リレーは見ていない。「どうする?」と妻と相談したが、「もう2度と見られないから」と出かけることにした。 前日、自転車に空気を入れたが、私の自転車の前輪の空気が…

妖精の棲む森

風越公園先、72ゴルフ北クラブハウス先向かいに、ティーサロン「軽井沢の芽衣」。 通るたびに不思議な名前だと思っていた。 先日、駐車場に停めたところ、「妖精横断中」の立て札。 ん? 店の前から「妖精の棲む森」につながっていた。 冬季でお店も森も閉じ…

長野県は広い

県南の実家から、軽井沢に戻った。 あちらでは、馬酔木、トサミズキ、レンギョウ、スイセンが咲き始めていた。 椿も朝開いた。 こちらでは、庭の雪は完全に溶けていた。 そして動き出したサルを追う声。 いきなり庭に入って来たサルたちが、ウッドデッキの手…

待ち遠しい春

今朝は、冷え込んだ。 マイナス13度。 庭の雪がだいぶ溶け、下から苔の地面が顔を出した。 柴犬リカは大喜び、庭に飛び出し、あちこちオシッコしている。 もぉー・・・。 今朝のお客様方です。

カラマツの樹齢

近所の家で、自然のまま鬱蒼としていた西の庭の手入れをしていた。 アーボリカルチャーで木に登り枝打ちや伐採していた、自らを木こりと呼んだHさんとお話をした。 木を切ってよいのか、自然のままにすべきか、軽井沢では両論ある。 この家では、昨年の台風…

少しだけ春の兆し

日中表面が溶けた雪が夕方から凍り始めるので、いつまで経っても道路はカチカチ。散歩に行くにも犬も足が滑るので、乾いた部分を捜して、あるいは比較的柔らかい雪の上を歩く。それでも少しずつ雪や氷は減って、地面が顔を出した。 今朝は、マイナス13度。し…

小さなお客様

雪が積もったのでエサ探しにも苦労するだろうなと、東屋に鳥のエサを出しました。 御代田町の森では麻の実が人気で、ヒマワリの種にはほとんど手をつけませんでしたが、隣り町なのに不思議ですね、ここでは圧倒的にヒマワリの種が減っていきます。 気温が上…

モノクロ

南岸を低気圧が通過し、昨夜から本日、全県で雪のようです。 中軽井沢からわずかに奥に入っただけですが、街中とこことでは、ずいぶん積雪が違います。15cm位でしょうか? 今朝、今シーズン初めて除雪機を使いました。 辺りは一面モノクロームの世界。 き…

大寒

名前の通り、寒い朝だった。 氷点下16度。 見上げると小さな雪のような細氷、わずかであるが大気の中を漂っている。 風が出ず、日が差せば、ダイヤモンドダストが見られるかもしれない。 カメラを持って待ったが、残念、日が差してこなかった。 秋まではうっ…

冬晴れの朝

太陽が上がって、さわやかに晴れ渡った。 今回軽井沢、この程度の雪で済んだ。気温はコンスタントに低いものの、風が無く日があたると、暖かさすら感じる。

新しい年に

あけましておめでとうございます 穏やかであたたかい、皆が前を向いて進める年となりますよう、祈念します。 本年もよろしくお願いします。

遅い積雪

朝から細かい雪が降った。 明日の朝が県北部で積雪になるかもしれない、と天気予報は言っていたので、少しびっくり。 「犬は喜び、庭駆け回り…」のはずだが、もう11歳だし、もともと室内犬でもあり、実は雪が嫌い。 それでも排便の散歩は必要なので、レイン…

ビーバームーン

ビーバームーンが、木々の間を上る。 18:30、今回の満月は今年3度目の半影月食らしい。 半影月食とは、月が地球の影の少し薄い部分(半影)を通過していく時に起こる月食のことらしく、濃い影(本影)を通過していく時に起こる普通の月食と比べると、わかり…

アーボリカルチャー

「自然保護対策要綱」では、敷地内の樹木をできる限り残存させるよう規定している。 しかし、最近都会から来る人の中に、明るい日の当たる家を好む人も多く、「それなら、軽井沢でなくても良いのに」と、散策する人を嘆かせる。 とは言え、樹木の管理は結構…

落葉松

何日か前、妻から電話がかかってきた。 「朝、氷点下7℃になったよ。それで、落ち葉が大変。」 家に戻って庭を見ると、確かに…しっかり埋まっている。 栗の葉も落ちて、ミズナラも落ちて、片づける上からサラサラと落葉松が降る。 庭にも、ドッグランにも、デ…

ハロウィンの満月

ハロウィンの夜は、満月だった。 木々の間を上がる。 21:30、気温はマイナス2℃。

小浅間山

小浅間山(1655m)の登り口は、北軽井沢へ登り切った峰の茶屋の向かい、東大火山観測所の脇。 もっこりとしたその姿は、軽井沢高校裏の離山(はなれやま)によく似ている。 つくられ方も同じ、追分から登る石尊山(せきそんさん)とともに、浅間山の側火山(…

いつ以来?秋晴れ

朝、眩しい日が差し込んだ。 雨がちな日が続いた今年の秋。一体いつ以来だろうか? 朝7時の気温は、マイナス1℃。氷点下になったのは、今年2度目。 庭の2本の古木。 前オーナーからナラだと聞いていた。「なんか違うよな」と思ったが、そのまま信じていた…

赤い葉

雨に濡れた落ち葉は、赤い。 もちろん、鮮やかな赤ではない。 ほら、うなされて目覚めた時の、夢の印象のような赤。 ダミアンが、こんな落ち葉の前に立っていたような気がする。 どうも印象が曖昧。 検索してみても、そのような場面は見つからない。 私の中…

キノコはよくわからない

「トト!すごいウンチしたね」 そう言われて、チワワのトトは不本意。 よく見ると、あらま、キノコ。 どうも妻にも同じことを言われたらしい。 なんだろう?このキノコ? 妻には「黒トリュフ」と言っておいたが、笑っているだけで採るそぶりはない。 ドッグ…