ゆっくりと千ヶ滝の森から

定年を迎え、軽井沢千ヶ滝に家を求めました。四季の移ろいの中で、自分の目で見て感じたことを、書き綴りたいと思います。

新芽

冬の間、犬と散歩に出かけ、道すがらいろいろの別荘を見て回るのが楽しみだった。今はポツポツながら滞在する人も増えて、失礼があってはいけないのであまりしげしげとは別荘を見ない。それに、新芽が出てきて、今までコロンと道から見えていた別荘が、見えなくなってきている。いよいよ軽井沢のもっとも良いシーズンが近づいている。

f:id:jiivana:20190516091905j:plain

落葉松の新芽は力強い、その落葉松に巻きついたツタウルシの新芽、ハルニレも芽を出した。

f:id:jiivana:20190516091959j:plain

f:id:jiivana:20190516092035j:plain

f:id:jiivana:20190516092107j:plain

ウッドデッキでは、犬たちがくつろぐ。バードウォッチングには木々に葉のない冬が適していると聞いたが、今のほうが小鳥たちの鳴き声は盛んだ。デッキにも訪れるようになった。

デッキの手すりにとまっていた小さなヤマガラ。突然、チワワのトトの背中にアタックした。トトは眼を白黒していた。巣に敷く毛が欲しかったのかな? トトの背中がはげなくてよかった。

f:id:jiivana:20190516092210j:plain