ゆっくりと千ヶ滝の森から

定年を迎え、軽井沢千ヶ滝に家を求めました。四季の移ろいの中で、自分の目で見て感じたことを、書き綴りたいと思います。

秋を探す

誰かが置いて行ってくれたかのように、外の階段にポツンと山栗。

f:id:jiivana:20200915134147j:plain

朝、寒さを覚えてつい床暖房を入れる。

昨年は9月18日に薪ストーブを焚いた。

このあと急激に秋が進むのだろう。

まだ、紅葉は降りてこない。

f:id:jiivana:20200915134235j:plain

f:id:jiivana:20200915134241j:plain

掃いても掃いても舞い落ちる、栗の葉とハルニレの葉。

その中に、ひときわ鮮やかなツタウルシが一枚。

f:id:jiivana:20200915134343j:plain

f:id:jiivana:20200915134329j:plain

犬は陽だまりでくつろぐ。